サロン集客アカデミー主宰

三上ゆりなです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お客様が集まる場所を見つける方法

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 


さて、
昨日は、
自分のメディアを見てくれる
未来のお客様の数を増やす!

 

『自分のメディアのフォロワー』
イコール
『未来のお客様』に
必ずなるようにする!

 

を、
お伝えさせて頂きました。

説明.jpg

今日は、
未来のお客様の見つけ方、
どうやって
未来のお客様を探すのか?
未来のお客様が集まる場所の
見つけ方についてです。

 

探し方は簡単。

 

①未来のお客様の
頭の中を想像して、
どんなキーワードで
検索をかけているのか?を
考える。

②その検索ワードを使って
検索をする。

だけ。

 

 

なのですが、
難しいのが、
この『検索ワード』の出し方。

Screenshot_2017-02-01-01-06-15.png
(むむむ。。。。)

自分のサービスや商品に
直接関係のあるキーワードだけを
使っての検索だけでは
不十分なのです。

 

例えば。

 

ダイエットのサロンをしている場合は、
検索キーワードを
『ダイエット』や
『痩せる』
などの検索キーワードだけでは不十分。

 

なぜならば、
それだと、
『今すぐ困っている人』にしか
届かないから。

 

お客様になる人は2種類いて、
①今すぐあなたのサービスや
商品を必要としている人
②未来に、あなたのサービスや
商品を必要としそうな人

ですね。

 

しかーし!
『①今すぐあなたのサービスや
商品を必要としている人』は、

大手サロンが広告費を
大量に投入して
営業をかけている人たちです。

 

なので、
営業され慣れています。

スクリーンショット 2017-05-29 18.54.03.png

つまり、
より安い所に行こうと思っていたり、
もっと家の近くに行こうと考えたり、
自分の都合の良い予約を
ムリして聞いてくれる所を
選ぼうとしている人が多いのです。

 

この層の人達を
大手と取り合うと
結果は目に見えていますよね。

スクリーンショット 2017-05-30 13.57.58.png

個人サロンがメインで
狙っていくべき所は

『②未来に、あなたの
サービスや商品を必要としそうな人』
です。

 

この人達が、
普段どのような検索ワードで
物事を考えているのか?を
知る必要があります。

 

私のアカデミーでは、
この未来のお客様を探す
検索ワードを書き出すワークを
生徒にやってもらっていました。

 


大きな検索ワードから、
細分化させて、
徐々に遠いキーワードを出すように伝えると
良い検索キーワードを
書ける受講生さんが
多かったですね。

 

例えば、
『ダイエット』(大テーマ)

『シチュエーション』(中テーマ)

『夏』『海』『デート』『ホテルのプール』『結婚式』。。。

 

といった感じで、
細分化させながら
4〜5段作って行ってもらうと、
検索キーワードが50個は出てきます。

computer-2242264_1920.jpg

伝わるかな??

 

7月25日発売の
『サロン集客の教科書』の中でも
この検索キーワードの
出し方を図解とワークで
詳しく解説しています。

 

この検索キーワードが
使いこなせるようになると、、、

 


アメブロのフォロワーが
30名台だったのが1ヶ月で
1000人を超えた
・問い合わせが来たことがなかったFacebookから
1ヶ月で76件お問い合わせが来た


等など、
未来のお客様からの反応が
面白いように出てきますよ^^

 

 

◆まとめ◆

個人サロンや個人院が使うべき
検索キーワードは、
『今すぐあなたのサービスや
商品を必要としている人』
よりも、


『未来に、あなたのサービスや
商品を必要としそうな人』
を考えるべし!

 

大手と同じ土俵で
勝負をしようとしてはいけない。

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サロン集客アカデミー
コンテンツのご案内

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◇プレシャスサロン構築オンライン講座

http://fusui-nail.com/lp/lp001/?malmaga