サロン集客アカデミー主宰
三上ゆりなです。

お客さまに
オプションメニュー
追加で頂いたり、

 

説明して
店販商品を買ってもらったり、

 

 

 

コースや回数券を
買ってもらうのは得意ですか?

 

 

 

 

 

 

私も含め、
施術者はお客さまに
オススメする事が
ニガテな人が多いです。

 

 

 

 

 

そして、
こんな事思ってませんか??

 

 

 

押し売りっぽく思われちゃったら
どうしよう。

 

 

 

 

 

商品をオススメして、
嫌われちゃったらどうしよう。

 

 

 

 

オススメして、
断られたらどうしよう。

 

もし、
こんな心配を感じているのなら、
私が今作っている、

『伝え方の教科書』

が、
お役に立てそうです^^

 

 

 

 

 

今、まさに
作っているのですが、
内容をちょっとご紹介。

 

 

 

◆お願いされるカルテ
◆魔法の伝え方すごろく
◆伝え方の台本
◆伝え方の科学

4部構成になっています。

 

【お願いされるカルテ】

 

お客さまにお願いされるかは、
カルテ記入の時点で
決まってきます。

お客さまから
『ゼヒお願いします!』
を引き出す、
カルテの項目を
紹介しています。

 

【魔法の伝え方すごろく】

 

すごろくのマス目の
内容を順番にお客さまに
お伝えしていくだけで、

 

 

感謝されながら、
お客さまの

『ゼヒそれが欲しい!』


引き出していきます。

【伝え方の台本】

 

その名の通り、
伝え方を台本形式で
記載してあります。

 

 

 

施術者のセリフ、
お客さまのセリフ
それぞれに
注釈をつけてあるので、

 

お客さまからの
『ゼヒお願いします!』
を引き出すまでの

 

流れ、
仕組みがまる分かりに
なっています。

 

 

【伝え方の科学】

 

お客さまとの
ナチュラルな会話の中で
押し売り感なく
『それお願いします!』

引き出す為の

会話のテクニックを
紹介しています。

 

オフィシャル販売は
5月の予定ですが、

3月7日 20:00〜
3月9日 23:59
まで

読者さんのみ、
早く、
半額
お届け予定です。

お楽しみに^^

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

毎月、
狙った売上を作る方法

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

毎月の売上、
狙った金額になっていますか?

 

私はネイリストとして
独立して
最初の2年間は、

今月の売上は、
月末になってみないと
分からない状態でした。

815d9bdbcc581819052faf5654c50944_400.jpg
(分からない。。。。)

 

 

 

 

そんなの、
当たり前だと思いました??

images (1).jpeg

 

 

 

私も、
月末にならないと、
その月の売上なんて
分かるわけないと
思っていました。

 

3年前までは。。。

mig (2).jpeg
(遠い目。)

 

 

 

 

マーケティング、
経営を学び、
毎月の売上は
狙って作れることを
知りました。

まぁ、
早い話、
逆算するって事です。

あー、
はいはい、
それ聞いた事あるわー。

 

って、
思いました?笑

6cc60fac.gif

 

逆算は
よく言われてますが、
では、
具体的に、


『逆算って
どうやってやるのか?』

 

は、
知ってますか?

知ってる方は、
本文は読まなくて大丈夫なので、
下の編集後記だけ
読めばOKです。

 

(↑編集後記を
   読ませようとする人。笑)

 

さて、
その逆算の仕組を
ざっくり書くと、、、、

 

最初に
その月の
目標金額を設定します。

 

(ここは皆さん
 知ってるかと思います。)

その後に、
以下を参考に
どこのステージのお客さまを
どのくらい増やせば良いのか?
を、
考えて行きます。

 

(↑これ大切)

 

【ステージA】

自分のサロンが
存在しているという情報を
チラ見した事がある人

 

↓ 20%

 


【ステージB】
自分のサロンの存在を
認識してくれている人

 

↓ 20%

 

【ステージC】
自分のサロンに興味を
持ってくれている人

 

↓ 5%

 

【ステージD】
新規予約する可能性のある人


もちろん、
上記のパーセンテージは
目安なのですが、

 

自分のお店の場合で
上記各ステージの人数と
パーセンテージを
出していくと、

 

どこのステージの人数を
どのくらい増やすと、
新規予約する
可能性のある人が
何人になるかが
計算すると分かります。

images (3).jpeg
(じっちゃんの名にかけて、
 分かります。)

 

 

 

 

既存のお客さまについては、
何人定期的に来ているか?
は、
把握は出来るので、

 


そこは
改めてお伝えする必要は
ないですよね^^

 

 

単価を変えない場合は、
目標金額まで
あと何名
集客をすれば良いか?

上記から出るハズ。

そうしたら、
ハイッッ!!

9c1248d91fb7906113e353d4aae96.jpg
(ハイっっ!!)

 

 

 

 

ここから
逆算です!!!

 

例えば、、、、

 

【ステージD】
新規予約する可能性のある人
が、
あと5名欲しい

 

場合、

 

【ステージC】
自分のサロンに興味を
持ってくれている人

 

は、
目安として
100名必要になります。

 

(ステージC→Dへの
 移行率が5%なので)

 

 

 

【ステージC】
を100名にするには、

 

【ステージB】
自分のサロンの存在を
認識してくれている人
が、
500名必要になります。


(ステージB→Cへの
 移行率が20%なので)

 

 

、、、という感じで
計算を進めて行くと、

【ステージA】

自分のサロンが
存在しているという情報を
チラ見した事がある人

 

を、
2500名
作る事ができれば、

 

その月に
新規顧客が
5名来る可能性が高い、

ということになります。

 

後は、


①各ステージの数字を
 どうやって達成するか?を
 考える

 

②各ステージから、
 次のステージへの移行率を
 高めていく

 

を、
していけば
狙って数字を作れるように
なるんですね。

自分の意志で
数字をコントロールする事が
出来るようになってからは、

ヤバい。。。。。

 

今月
大丈夫かな。。。。

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.jpg
(怖いよー、怖いよー)

 


ガクブル。。。

ということがなくなり、
数字が予測できる
安定した経営が
出来るようになりました。

 

精神衛生上も良くなったので、
逆算バンザイです。

 

 

 

 

 

◆まとめ◆

ベタですが、
本当に逆算は大切です。

 

(シミジミ。。。)

 

逆算の精度を
高めていくことが
安定した経営の
鍵なのかな、と思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
サロン集客アカデミー
コンテンツのご案内
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◇プレシャスサロン構築オンライン講座
http://fusui-nail.com/lp/lp001/?malmaga

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
編集後記
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

娘が産まれてから、
自分の髪の毛を
乾かす時間も
なかなか取れず。

 

坊主にしたいかも。。。

 

と、
うっすら思っています。

 

坊主だったら、
顔洗う延長で
頭もイケますよね。笑