サロン集客アカデミー主宰
三上ゆりなです。

『人生は
 思い通りにならないもの』
そんな風に
諦めてしまっていませんか?

 

 

スラムダンク(古?)
の安西先生も言っていますが、

『諦めたらそこで
 試合終了です。』

思い通りの
人生にならない原因は、
【ネガティブな思考と感情】
にあるそうで。。。

これらをあっという間にリリースし、
自分の人生を好転させる方法を
友人で同じ名前の
白石由利奈先生が

無料で公開しています!

 

>>
https://lead-sh1.com/l/c/BYSE679u/ligYmyoU

 

※無料視聴は
 7月6日 23:59まで

 

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何回が正解?
お客様に選ばれるお知らせの回数

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

新しい施術を
メニューに入れた時、

 

新しい機材を入れた時、

 

シーズン限定の
施術を作った時、

 

等など、、、、

 

 

 

既存のお客様、
未来のお客様に
お知らせをする機会って
たくさんあると思います。

 

 

 

ただ、、、、

 

 

 

 

私もイヤと言うほど
経験していますが、
告知しても
来・な・い。。。。。

 

 

知ってる.jpg

 

HPに書いても、
LINE@送っても、

Facebookに書いても、
インスタにUPしても、

 

 

 

 

来・な・い。。。。。
 

 

thumb5.jpg 

 

 

 

という
経験ありませんか??

 

 

 

 

原因は
複数あるケースが
ほとんどですが、

 

 

 


その一つに
『告知回数の問題』

入って来る事が
非常に多いです。

 

 

 

 

 

その
告知をしているのに、

お客様が来ない理由。

 

 

 

 

それは単純に
サロンがキャンペーンを
やっているのを
『知らない』だけ。

 

 

 

 

 

チョトマテ、
チョトマテ、
ユリナさーん、
ブログで告知しましたよー?


36602.jpeg

(懐。。。)

 

 

 

 

と、
心の声が聞こえてきます。

 

 

 

 

 

さて、
では、
その告知、
何回しましたか??

 

 

 

 

 

私の所に相談に来てくれる
サロン、
治療院の方で、

 

 

1回のキャンペーンや
集客の告知をするにあたり、
比率の多い回数が
1〜3回です。


(ゆりな調べ。)

 

 

 

 

 

 

これだと少ないんですよね。

 

 

悩む.jpg 

 

 

 

告知を書いている
本人としては、

 

 

 

 

『ブログも書いたし、
 インスタにもUPしたし、
 これ以上書くと、
 ウザいと思われちゃうかな〜?』

 

 

 

と、
思っているケースが多いようですが、

 

 

 

 

 

ブログも書いた
インスタもUPした
事を
知っているのは、

書いた人だけです。

 

 

 

 

既存のお客様、
未来のお客様は、
そもそも、

 

 

 


こちらのブログや
インスタを隅から隅まで
いちいち
全て
チェックしてはいないのです。

 

 

 

 

(もし、
 チェックしている人がいたら、
 すっごい大ファンで、
 既にお客様か、
 お客様になる人です。)
 

 


なので、
いちいちチェックしなくても、
告知の記事が
お客様の目に触れるようにする
必要があります。

 

 

20190917-00000121-dal-000-2-view.jpg 

 

 

 

例えば、
ブログの最新記事の
上から3つ目までには、
必ず告知記事が
いつも入っているようにする
等ですね^^ 

 

 

 

私の友人で
年商1億以上の組織を
運営している人は、

 

 

モレなく、
1つの案件に対して
最低25回は告知をしています。

◆まとめ◆

こんなに告知したら
ウザいかな。。。。

心配になるくらいで
丁度良いのです^^

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サロン集客アカデミー
コンテンツのご案内

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◇プレシャスサロン構築オンライン講座

 

http://fusui-nail.com/lp/lp001/?malmaga

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

編集後記

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

家族が満身創痍です。

 

主人:腰痛・風邪(最後の砦)
私 :妊娠・風邪(廃人)

 

風邪を持ち込んだ娘は
元気に保育園です。笑

 

娘だけでも元気なのが救いです。