サロン集客アカデミー主宰
三上ゆりなです。

 



お客さまに
オプションメニューを
提案した時、

 

 

上のコースを
オススメした時、

 

 

物販を勧めた時、

 

 

お断りされた
経験はないですか?

 

 

 

この
『お断り』ですが、
あなたが
嫌われているからでも

 

 

商品や
メニューに
魅力がないからでもなく、

 

 

実は、
ただ単に
お客さまに正しく
その商品、サービスの魅力が


伝えられていない
だけなのです。

 

 

お客様にあなたの商品や
サービスの魅力と

 

それがお客様に
必要なものである事を
ハラオチして理解してもらい

『ゼヒお願いします!』


引き出す
伝え方を台本形式で
教科書としてまとめた

 

『伝え方の教科書』

を、
特別価格で
お届け予定です。

 

※7月30日 20:00
 から
 8月02日 23:59
 まで

 

 

 

この
『伝え方の教科書』の
内容を使って、

 

 

単価1万3千円だった
レンタルサロンセラピストが
64万円の講座を
月に8本
販売出来るようになったり、

 

 

単価6千円だった
治療家の先生が
単価3万円に値上げしても
お客さまに
お願いされるようになったり、

 

 

『伝え方』を変えただけで、
お断りされていた
お客さまが

 

 

手のひらを返したように
『ゼヒお願いします!』
と、
言ってきてくれるように
なっています。

 

 

 

お楽しみに!!!!

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

予約の入る告知方法

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サロンや治療院での
キャンペーンや
新規の申し込みの募集を

 

自社ホームページ、
ブログ、
インスタ、
Facebook
LINE@
などなど、、

 

様々な媒体を使って
している方が多いかと
思いますが、

何かを
告知した際の、
予約の入り具合はどうですか?

古畑.jpg
(え〜、どうでしょう。??)

 

 

 

満足のいく数の
予約やお申込みが
入っていますか?

 

私が
直接コンサルをしていた時、


(今は直接コンサルは
 受け付けてないです。)

 

『告知はしているのに、
予約(申し込み)が
入らない』

という
お悩みを

かなりの数
受けてきました。

https___imgix-proxy.n8s.jp_content_pic_20180630_96958A9F889DE1E0E1EBE4EAE7E2E0EBE2E4E0E2E3EAE2E2E2E2E2E2-DSXZZO3239689029062018000000-PN1-2.jpg
(申込みが入らなーーーーーい!!!)

 

 

 

 

なぜ、
ホームページや
ブログ、
インスタや
LINE@など

 

 

様々な媒体で
告知しても、
満足の行くお申込みや
予約が入らないのか?

それは、
実際の
お客さまの行動と、

 

 


サロンや院側が
予想している
お客さまの行動が
ズレているからです。

images (4).jpeg
(ズレてます。)

 

 

 

 

サロン、院側は、
お客さまが


『こちらの投稿や
 更新した記事を
 読んでいるだろう』

という
前提で
物事を考えます。

 

しかし、
実際のお客さまの行動、
お客さまの心理は

・見ない
・信じない
・行動しない

 

の3つの『ない』
なのです。

この
3つの『ない』を
前提に
告知をすることが、

告知に対しての
お客さまの反応をあげる事に
繋がります。

 

以下に、
3つの『ない』に対する
対策を書いてみますね。

 

ーーー

 

◆『見ない』への対策

お客さまは
基本的に投稿や
記事の更新を
真剣に読んではいません。

 

電車に乗りながら、
テレビを観ながら、
寝ながら、
お風呂に入りながら、、、

 

目に写ってはいますが、
頭には
入っていないと思ったほうが
良いでしょう。

 

 

そんなお客さまを
どうするか。。。。

 

 

もう!!!

 

手数です!!!!爆

 

あ、
冗談っぽく言っちゃいましたが、
ホントです。

 

私の周りの
年商が億行っている人は
例外なく、

 


1つのキャンペーンで
25回以上は
告知をしています。

 

 

 

◆『信じない』への対処

 

これは、
証拠を書く事ですね。

 

こちらの主張する事の
論理的な証拠や、
物証を併せて書く事です。

例えば、
『小顔になる』を主張したら、
証拠として、

ビフォーアフターの
お客さまの顔が小さくなった
顔写真を載せる
等ですね。

 

 

 

◆『行動しない』への対処

 

これは、
期間を区切ったり、
限定性を持たせたり
すると良いです。

期間を区切るとは、
『◯月◯日まで有効』
みたいな感じですね。

限定性は
『先着◯人のみ』
とか。

いつでも大丈夫と
思われてしまうと、
人は動きません。

夏休みの宿題も
8月31日という
デッドラインがあるから、
ちゃんとやりましたよね。笑

ダウンロード (15).jpeg

ーーー

 

この3つの『ない』
を、
意識して告知するだけで
かなり違います。

お試しあれ(^^)

 

 

 

さて。

 

 

 

お客さまに
オプションメニューを
提案した時、

 

 

上のコースを
オススメした時、

 

 

物販を勧めた時、

 

 

お断りされた
経験はないですか?

 

 

 

この
『お断り』ですが、
あなたが
嫌われているからでも

 

 

商品や
メニューに
魅力がないからでもなく、

 

 

実は、
ただ単に
お客さまに正しく
その商品、サービスの魅力が


伝えられていない
だけなのです。

 

 

お客様にあなたの商品や
サービスの魅力と

 

それがお客様に
必要なものである事を
ハラオチして理解してもらい

『ゼヒお願いします!』


引き出す
伝え方を台本形式で
教科書としてまとめた

 

『伝え方の教科書』

を、
特別価格で
お届け予定です。

 

※7月30日 20:00
 から
 8月02日 23:59
 まで

 

 

 

この
『伝え方の教科書』の
内容を使って、

 

 

単価1万3千円だった
レンタルサロンセラピストが
64万円の講座を
月に8本
販売出来るようになったり、

 

 

単価6千円だった
治療家の先生が
単価3万円に値上げしても
お客さまに
お願いされるようになったり、

 

 

『伝え方』を変えただけで、
お断りされていた
お客さまが

 

 

手のひらを返したように
『ゼヒお願いします!』
と、
言ってきてくれるように
なっています。

 

 

 

お楽しみに!!!!

 

 

 

◆まとめ◆

 

・見ない
・信じない
・行動しない

 


知ってるだけでも
私はかなり
役立ちました。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
サロン集客アカデミー
コンテンツのご案内
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◇プレシャスサロン構築オンライン講座
http://fusui-nail.com/lp/lp001/?malmaga

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
編集後記
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

7月30日 20:00
から
8月02日 23:59
まで

 

 

でお届けする
『伝え方の教科書』
ですが、

 

本文に挙げた
『限定性』
の手法を使って
告知しています。

 

自らバラしてみました。笑