サロン集客アカデミー主宰
三上ゆりなです。

 

 

インスタグラムで
フォロワー以外からの
『いいね!』

たくさん付く投稿と
つかない投稿。

 

 

この違いは何でしょう?

 

 

フォロワーの数?

 

 

投稿の内容?

 

 

どれも間違いではないですが、
フォロワー以外
からの
『いいね!』

多く付く投稿は
インスタグラムに
好かれる画像を使っています。

 

 

画像を判別しているのは
インスタグラムのAIです。

 

 

インスタグラムのAIが
好む画像を研究した結果、
2つの法則が
ある事が判りました。

 

 

この法則をまとめた
レポート
『インスタグラム
 神アングル画像の法則』

8月10日 20:00〜
8月13日 23:59
まで

 

無料ダウンロード
プレゼント予定です。

 

 

 

お楽しみに^^

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

インスタ投稿で
いいね!を獲るコツ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

あなたは
インスタ投稿に付く
『いいね!』の数を
気にしていますか?

 

 

 

この
『いいね!』の数、
必ずしも売上と
比例する訳ではありませんが、

 

少ないよりも
多い方が良いのも
これまた事実。

 

 

 

さて、
では
どのような投稿に
『いいね!』が
多く付きやすいのでしょう?

 

 

 

皆さん
感覚でお解りかもしれませんが、

 

 

『いいね!』

付きやすいのは
仕事臭が一切しない
プライベート投稿です。

 

 

 

(特に
 犬、猫、赤ちゃん
 は
 数字持ってます!笑)

 

 

 

ですが、
プライベート投稿だけしか
UPしていないと
お仕事に繋がりません。。

 

 

 

うーーーん。。

 

 

 

お仕事のアピールも出来て、
尚かつ
未来のお客様の
反応も期待できる投稿は
どのような
ものなのでしょうか?

 

 

 

 

それは、、、

 

 

 

未来のお客様の
為になる情報の投稿です。

 

 

 

例えば、
整体だったら、

(よくある感じですが)

『寝る前5秒で出来る
 肩コリの撃退方法』

とか。

 

 

ネイルだったら、

『ネイルサロンに行けない時に
 爪が割れた!
 自宅で出来る応急処置法』

とか。

 

 

ヘアサロンだったら

『絶対に失敗しない
 子供の前髪の切り方』

とか。

 

 

フェイシャルだったら

『ズボラ女子こそオススメ
 寝ている間に作る
 小顔を作る寝相』

とか。

 

 

 

未来のお客様が
悩んでいる事を
少しでも解決する情報、

 

未来のお客様が
『もっとこうだったら良いな〜』

思っている
欲求を満たせる情報

 


投稿するという事ですね^^

 

 

 

カッチリと
未来のお客様の
ツボにハマると
『いいね!』をたくさん
もらう事が出来ます。

 

 

 

後は、
これも王道ですが、
こちらから
『いいね!』

していく事。

 

 

 

一朝一夕に
どうこうなるのは
難しいですが、

 

コツコツやる事で
大きな結果を
確実に出す事が出来ます。

 

 

さて。

 

 

 

インスタグラムで
フォロワー以外からの
『いいね!』

たくさん付く投稿と
つかない投稿。

 

 

この違いは何でしょう?

 

 

フォロワーの数?

 

 

投稿の内容?

 

 

どれも間違いではないですが、
フォロワー以外
からの
『いいね!』

多く付く投稿は
インスタグラムに
好かれる画像を使っています。

 

 

画像を判別しているのは
インスタグラムのAIです。

 

 

インスタグラムのAIが
好む画像を研究した結果、
2つの法則が
ある事が判りました。

 

 

この法則をまとめた
レポート
『インスタグラム
 神アングル画像の法則』

8月10日 20:00〜
8月13日 23:59
まで

 

無料ダウンロード
プレゼント予定です。

 

 

 

お楽しみに^^

 

 

 

 

 

◆まとめ◆

 

 

未来のお客様の
為になる情報の投稿が
『いいね!』
の付き方と
お仕事のアピールの
バランスが良いです。

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
サロン集客アカデミー
コンテンツのご案内
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◇プレシャスサロン構築オンライン講座
http://fusui-nail.com/lp/lp001/?malmaga

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
編集後記
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

これまで
娘(1歳9ヶ月)が泣いたら
気をそらして
紛らわす作戦で
どうにかなっていたけど、

 

 

最近は
『〜したかったねぇ』
『さみしいねぇ』
といった
共感作戦が有効になってきたと
主人からコメントがありました。

 

 

まだまだ小さいと
思っていましたが、
女子ですね^^