サロン集客アカデミー主宰
三上ゆりなです。

 

新しい年が始まり
10日程経ちますが、
お仕事の滑り出しは
いかがですか?

 

 

読者の皆様への
お年玉企画を考えていましたが、
2022年は
初心に帰って

 

 

もし今、
私が何も持たない状態

(見込み客:0

 メルマガリスト:0

 LINE@のお友だち:0

 他のSNSのフォロワー:0)

で、
サロンを始めようと
思ったとしたら、

 

 

どうやって
最短最速で
初年度から年商1,000万を
売上げるサロンを
創って行くか?


シナリオを
まとめたマニュアルを
プレゼントしようと
思っています。

 

 

普段、
集客に言及する事が
多いですが、

 

 

今回プレゼントする
マニュアルでは
集客の事については
もちろん、

 

 

法律的な所にも
少し触れて
解説をしようと思っています。

 

 

今回お届けする
マニュアルは、

1年目から
集客に困らない!

初年度から
年商1,000万を目指す

『1人サロンの為の
 独立開業マニュアル』
 
です。
 
 
 
 
プレゼント期間は

1月15日 20:00〜
1月18日 23:59

 ↓ ↓ ↓

1月20日 20:00〜
1月23日 23:59

予定しています。

 
(毎度すいません、、 
 
 資料作成が
 終わらないので、
 
 もう少し
 時間下さいm(_ _)m)
 
 
 
お楽しみに^^
 
 
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
9割のサロンオーナーが間違える!?
集客とサービスの明確な定義とは?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

約7年前の事。

 

 

 

当時の私は
5年勤めていたネイルサロンから
指名を下さるお客様を連れて、
鼻息荒く独立したものの、

鼻息 荒い.jpg

ご祝儀来店が終わり、
じわじわ
真綿で首を締められるように
お客様が減って行き。。。

 

 

それに伴い
売上が下がり続け、

 

 

 

あと
3ヶ月赤字が続いたら、
サロンを畳んで
実家に帰る所まで

追い詰められていました。

 

 

 

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.jpg
(ヤバイよーヤバイよー)

 

 

 

もちろん、
当時の私にやれる事は
全てやったんですよ?

 

 

 

 

新規のお客様を
集客しようと思って、

・紹介割引を徹底

・次回予約割引をする

・問屋さんの
 セミナーに行って腕を磨く

・サロンで
 美味しいお茶を出す

・徹底的に掃除をして
 サロンをキレイに保つ

・お客様の記念日とかは
 家族のも含め忘れない

 

などなど。。。。
本当に色々やりました。

 

 

 

 

でも、、、
売上は1ミリも
変わらなかった。

 

b1930f42f36b21a1278ea773102da370_400.jpg

 

 

それは、
私が

『集客』と『サービス』の定義

明確に
分かっていなかったから。

 

 

 

上記に挙げた
私が
『集客』の強化だと思って
力を入れていたのは

 

実は
『サービス』の強化だった
のです。

 

 

 

 

『集客』
とは、

お客様がサロンに来る前に、
こちら側が
お客様を呼ぶ為に
する行動。

 

 

 

『サービス』
とは、

お客様がサロンに
来てからの事。

 

 

 

 

当時の私、
完ッ全に間違えて
『集客』の
強化をしようと思って

『サービス』の
強化をしてました。

 

5c477c6cdb234a7b0fc8b8dd75524e99_600.jpg

 

 

 

そりゃ、
新規のお客様が
来なかったワケだ。涙

 

 

スクリーンショット 2018-12-30 19.59.18.png
(古。。。??)

 

 

 

 

◆まとめ◆

 

 

『集客』が先。
『サービス』は後。

 

 

最初の力の入れ具合は
集客7:サービス3でも
良いくらい。

 

 

お客様がいないと
始まらないですもんね^^

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
サロン集客アカデミー
コンテンツのご案内
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◇プレシャスサロン構築オンライン講座
http://fusui-nail.com/lp/lp001/?malmaga

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
編集後記
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

新年から
数個ほど新しい学びを
始めています。

 

 

私の中で
新しいものを
身に付ける時の
やり方は決まっていて、

 

研究対象をモニタリングして、
どうしてそのような
結果が出ているのか
仮説を立て、
それを検証して行く手法を
取っています。

 

 

同じ環境を
1ヶ所だけ変えたものを
複数作ったり、

 

同じ環境を
1ヶ所だけ変えた事を
複数回してみたり。

 

 

やっている事は
すごい地味なのですが、
なんというか、

オセロのマスを
綺麗に端から順番に
めくっていくような感覚で、

 

1ミリの隙もなく
チェックして行く感覚が
結構楽しくて好きです。