サロン集客アカデミー主宰
三上ゆりなです。

 

新しい年が始まり
半月程経ちますが、
お仕事の滑り出しは
いかがですか?

 

 

読者の皆様への
お年玉企画を考えていましたが、
2022年は
初心に帰って

 

 

もし今、
私が何も持たない状態

(見込み客:0

 メルマガリスト:0

 LINE@のお友だち:0

 他のSNSのフォロワー:0)

で、
サロンを始めようと
思ったとしたら、

 

 

どうやって
最短最速で
初年度から年商1,000万を
売上げるサロンを
創って行くか?


シナリオを
まとめたマニュアルを
プレゼントしようと
思っています。

 

 

普段、
集客に言及する事が
多いですが、

 

 

今回プレゼントする
マニュアルでは
集客の事については
もちろん、

 

 

法律的な所にも
少し触れて
解説をしようと思っています。

 

 

今回お届けする
マニュアルは、

1年目から
集客に困らない!
    

 

初年度から
年商1,000万を目指す
    

 

『1人サロンの為の
 独立開業マニュアル』
 
です。
 
 
 
 

プレゼント期間は

1月15日 20:00〜
1月18日 23:59

 

 ↓ ↓ ↓

1月20日 20:00〜
1月23日 23:59

予定しています。    

 
(毎度すいません、、 
 
 資料作成が
 終わらないので、
 
 もう少し
 時間下さいm(_ _)m)
 
 
 
お楽しみに^^
 
 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

値下げをすれば
お客様は増えるのか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

『最近、売上減った気がするな〜』
と思った時。

 

 

あなただったら、
どんな手を打ちますか?

 

 

ここで
『値下げをする』事が
頭をよぎった方は、

立ち止まって
考えてみても
良いかもしれません。

 

 

古畑.jpg 
(ちょっと考えてみて下さい。。。)

結論から言うと、
残念なお知らせですが、

 

値下げしても、
売れないものは売れません。泣

 

 

DjqNpa6UYAAOn97.jpg 

 

 

なぜかと言うと、
値段の問題ではないから。

 

 

値段を変えると、
お客さまの層が変わるだけで、
見込み客が増える訳では
ないんですよね。

 

 

例えば、、、、

 

 

コーヒーを飲もうと思った時に

①マク◯ナルドのコーヒー
100円


②スターバッ◯スのコーヒー
500円

 

③ホテルのラウンジのコーヒー
1000円

という
選択肢があったとして。

 

 

 

 

いつも

③ホテルのラウンジでコーヒー
 1000円

飲む習慣がある人が

 

①マク◯ナルドでは
コーヒーを飲まないように、

 

 

 

値段を下げても
属性が変わるだけ
で、

買う人そのものの数が
増える訳ではないんです。

 

 

 

 

しかも、

③ホテルのラウンジでコーヒー
 1000円


売れないからと言って
値段を下げて100円にしたら、

 

 

 

知ってる.jpg

 

 

『え、、、このコーヒー
 大丈夫かな、、』

 

と、
逆に心配されてしまいます。

 

 

施術でも一緒ですね。

 

 

3000円、
5000円、
10000円、
30000円、

等など、
色々な価格設定がありますが、

 

 

10000円の施術が
売れないからといって、
クーポン価格にしたとしても、

 

 

単純に、
クーポン価格の
お客様層が来るだけです。

 

 

5c477c6cdb234a7b0fc8b8dd75524e99_600.jpg

 

ここで
間違えないで欲しいポイントが、

 

 

10000円のお客様層が
3000円になったから
来たのではなく、

 

 

まったく違うお客様層が
来たに過ぎない

言うことです。

 

 

私が
独立前に
働いていたネイルサロン

(当時は客単価2万円の
 高級にはいる部類のサロンでした)

が、

 

 

売上が減った為に、
大幅に値段を下げて、
いわゆる
お得なクーポン価格を
作った所、

 

  

それまでの
お客さまの層と
違った属性の方が
来店するようになり、

 

 

 

結果的に、
客数は増えましたが、
売上は減る結果となりました。

 

 

815d9bdbcc581819052faf5654c50944_400.jpg 

 

 

今までの
1回に2万円を出してくれる
お客さまが

 

値下げにより
客数が増えたために
予約が取りづらくなり、
他店に流れた事と、

 

 

来るお客さまの
系統が変わった事で
違和感を感じ、
足が遠のいた事、

 

 

客単価が
大幅に下がった事が
原因でした。

 

 

 

なので、
安易に値段を下げ、
お客さまの層を
変えるということは、

 

 

 

今まで培ってきた
お客さまからの信頼を
リセットしてしまうことに
繋がるので、

 

『値下げ』が
頭をよぎったら、
気持ちを落ち着けて、

 

再度、
良く考えてみると
良いかもしれませんね^^

 

 

さて。

 

 

新しい年が始まり
半月程経ちますが、
お仕事の滑り出しは
いかがですか?

 

 

読者の皆様への
お年玉企画を考えていましたが、
2022年は
初心に帰って

 

 

もし今、
私が何も持たない状態

(見込み客:0

 メルマガリスト:0

 LINE@のお友だち:0

 他のSNSのフォロワー:0)

で、
サロンを始めようと
思ったとしたら、

 

 

どうやって
最短最速で
初年度から年商1,000万を
売上げるサロンを
創って行くか?


シナリオを
まとめたマニュアルを
プレゼントしようと
思っています。

 

 

普段、
集客に言及する事が
多いですが、

 

 

今回プレゼントする
マニュアルでは
集客の事については
もちろん、

 

 

法律的な所にも
少し触れて
解説をしようと思っています。

 

 

今回お届けする
マニュアルは、

1年目から
集客に困らない!
  
  

 

初年度から
年商1,000万を目指す
  
  

 

『1人サロンの為の
 独立開業マニュアル』
 
です。
 
 
 
 

プレゼント期間は

1月15日 20:00〜
1月18日 23:59

 

 ↓ ↓ ↓

1月20日 20:00〜
1月23日 23:59

予定しています。    

 
(毎度すいません、、 
 
 資料作成が
 終わらないので、
 
 もう少し
 時間下さいm(_ _)m)
 
 
 
お楽しみに^^
 

 

 

 

◆まとめ◆

 

値下げは
属性が変わるだけ。

 

 

お客さまが増えると
錯覚しやすいので、
見極めが大切。

 

 

また、

お客様が増える
=(イコール)
売上が増える

 

とは
限りません。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サロン集客アカデミー
コンテンツのご案内
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◇プレシャスサロン構築オンライン講座

 

プレシャスサロン構築オンライン講座001

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
編集後記
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

毎朝起きると、
夕飯のメニューをどうしようか
悩み始めます。

 

今日はまだ決まっていません。