こんばんは!
三上ゆりなです。

 

 

施術やセッションはしているのに
思うように
お客様が変わっていかない、、、

 

 

そんなお悩みありませんか?

 

 

その原因はもしかすると
気づいていない
お客様のメンタルの不調によるものかも。

 

 

省庁や一部上場企業から
オファーを受け、
これまで約5000名の
カウンセリングを行ってきた
凄腕のカウンセラーの方の動画が
とても興味深かったので
シェアしておきますね。

 

>>
https://lead-sh1.com/l/c/nO5kqd6J/ligYmyoU

 

※無料視聴は
 8月9日 19:59まで

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お客様に値切られたら?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

先日、
知人に

 

『お客様に
 値切られちゃったんだけど、
 
 ゆりなさんだったら
 どうする?』

 


聞かれました。

 

 

知人のサロンでは
キャンペーンをしているようで、
値切ってきた方の
言い分を要約すると、

 

『今はお金がないけど、
 来月になったら
 使えるお金が出来る。

 今月の施術のキャンペーン価格を
 来月も私にだけ
 適応して欲しい』

 


いうもの。

 

 

私の場合だったら、、、
気持ちよく応じられないものには
応じません。

 

 

たとえ、
それで一時的に
売上を逃す事になったとしても。

 

 

上記のような交渉に
応じてしまうと、


決まりを守って
キャンペーン期間中に
購入した他のお客様にも
申し訳が立ちませんし、

 

 

こういった
交渉に応じてしまうと
『あ!
 良いんだ、ラッキー』

なってしまい、

 

 

この先も
ことある毎に
『言えばなんとかなる』

交渉をされるでしょう。

 

 

経営は
一時的なものではなく、
長く続けていくものなので、

 

 

自分が心から
『この人の役に立ちたい』
『この人だったら
 長くお付き合いしたい


思える方を
お客様にしないと
後々辛くなります。

 

 

事業者は
『お客様に選んで頂く立場』
ではありますが、

 

同時に
『お客様を選ぶ権利』

持っているのです^ ^

 

 

 

もちろん正解は
1つではないので、
これはあくまで
私のスタンスです。

 

 

彼女、
結局どうしたかなー。

 

 

 

今度会ったら
聞いてみます^ ^

 

 

 

 

◆まとめ◆

 

 

お客様と事業者、
お互いに
気持ちの良い関係を
築きたいですね^ ^

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サロン集客アカデミー
コンテンツのご案内

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◇プレシャスサロン構築オンライン講座

http://fusui-nail.com/lp/lp001/?malmaga

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

編集後記

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

本日は仮免許(普通MT)の
試験でしたが
無事に合格できました。

 

 

ふぅ、、、

 

 

せっかく仮免取れましたが
血迷ってMTを
選んでしまっている為、
怖くて路上に出たくありません。。。

(↑ヲイw)