こんばんは!
三上ゆりなです。

資格も才能も毎日の情報発信も必要なし!

スキマ時間で顔出しなしでも
自宅で始められて
こっそり・ガッチリと
毎月30万、50万、100万
と安定して成果が出る
【安心・安定のカウンセラー起業】
を解説している動画を
見つけたのでシェアしておきますね^ ^

>>
%%%_LINK_49181_%%%

 

※無料公開は
10月24日 23:59まで

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
分かってくれる人だけ
お客様になってくれれば良い?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

『ウチの施術を
 分かってくれる人だけ

 来てくれれば良いんです。』

 

 

 

今まで、
何回このフレーズを
聞いてきたでしょう。

 

 

 

かくいう私も、
今だから言いますが、
思っていました。

 

 

 

『私の施術の良さを
 分かってくれるお客様だけ
 来てくれれば良い』


って。

 

 

 

 

(↑
 つい、
 数年前位の事です。)

 

 

 


そう思うのは
悪い事じゃないし、
間違っているとも
思いません。

 

 

 

 

それぞれの
サロンや院の
経営者の判断ですからね。

 

20190917-00000121-dal-000-2-view.jpg
(ね☆)

 

 

 

 

色んな方針や
ポリシーがあって良いハズ^^

 

 

 

ただ、

『お客様に
 理解させてあげる機会』


与えてあげる事も
大切だと思っていて。

 

 

 

 

言い換えると、

あなたのサロン、
治療院の素晴らしさを
知る機会


与えてあげて
欲しいんですよね^^

 

 

 

 

 

砂漠の
オアシスの管理人の話
って

聞いた事ありますか???

 

ADEC4B2FB3884B6B9B8F79D9CE096CB2_LL.jpg

 

 

===============
=砂漠のオアシスの管理人の話=
(知ってる人は飛ばして〜)

 

 

 

 

あなたは、
砂漠のオアシスの管理人です。

 

 

 

向こうの街から
次の街までの間に、

 


あなたが管理する
オアシス以外に

水を補給出来る所がない事を
知っています。

 

 

 

 

そして、
向こうの街から
次の街までは
かなり遠い。

 

 

 

おそらく、
あなたの管理するオアシスで
水を補給出来なかった
旅人は、

 

 

 

死んでしまうか、
運が良くても、
瀕死の状態で
次の街に着けるかどうかと
いう所でしょう。

 

 

 

あなたは
それも知っています。

 

 

 

だから
あなたは旅人が来るたびに
伝え続けます。

 

 

 

『次の街までは、
 ここ以外に
 水は補給出来ないよ!』

 

 

 

『ここで水をたくさん
 汲んで行ったほうが
 良いよ!』

 

 

 

『ここで水を
 汲んでいかないと

 大変な事になるよ!』

 

 

 

あなたの呼びかけを
無視する旅人、


感謝して
その通りにする旅人、


鼻で笑う旅人、
色んな旅人がいます。

 

 

 

 

でも、
今日もあなたは
伝え続けます。

 

 

 

『ここで水を汲んで
 行ったほうが良いよ!』

 

 

 

 

 

=砂漠のオアシスの管理人の話、ここまで=
====================

 

 

 

 

砂漠のオアシスの管理人
=イコール
あなた

 

 

旅人
=イコール
お客様

 

です。

 

 

 

 

全員が全員、
感謝してくれる
旅人ではないでしょう。

 

 

 

 

だったとしても、
そこにオアシス

(あなたの施術、
 あなたのサロン、院)

がある事は
教えてあげて欲しいのです^^

 

 

 

 

 

知った上で、
『どうするか?』
『分かってくれるか?』
は、
旅人の判断です。

 

 

 

◆まとめ◆

 

オアシスがある事は
隠さずに
教えてあげましょう^^

 

オアシスがある事を
知った上で、

 

そこで
水を汲むかどうか?
からが、
旅人の判断です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
サロン集客アカデミー
コンテンツのご案内
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

◇プレシャスサロン構築オンライン講座
http://fusui-nail.com/lp/lp001/?malmaga

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
編集後記
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

娘(3歳)が
保育園でさつまいもを
大量に掘ってきました。

 

娘と二人で
頑張ってスイートポテトを
作ったのですが、

 

娘&息子(1歳)は出来上がりを
一口も食べずに
『いらなーい』と。。。

 

大量に作ってしまって
途方にくれていたのですが、
運良く(?)来てくれていた私の母に

『孫が作った
 スイートポテトだよ?』


謎の圧をかけ、
実家のじじばば&おおばばで
食べてもらう事になりました。